構造振動機構解析のための数値積分法「ニューマーク法とその系統解法」

(株)モーションラボ 藤川 猛 (芦屋大学名誉教授)

                     1.構造・振動解析 
                     2.数値積分 
                     3.ニューマーク法 
                     4.高次モードの抑制 
                     5.数値減衰付解法
 

 詳細は下記タイトルをクリックしてください。 

構造振動機構解析のための数値積分法「ニューマーク法とその系統解法」
(株)モーションラボ 藤川 猛 (芦屋大学名誉教授) 

 

 

関連記事

  1. 1992年 液体容器の耐震・構造設計の研究動向

  2. 1989年 動的問題のシミュレーション‐時間積分法について‐

  3. 粘弾性材料の線形および非線形応答の分数微分モデルと工学への応用

  4. マルチボディダイナミクスとは?

  5. マルチボディダイナミクスの新たな展開

  6. 2010年 Recent Research on MBD in Jap…