web講習会Kコース

  1. Kコース; 機械振動の基本概念・線形周波数応答・一般応答特性 (初級)

機械振動の解析法の学習のための準備として基礎事項;  基本概念、線形周波数応答、一般応答特性、などを学ぶ。これをもとに現場で遭遇する振動問題の解決に役立てる。

テキスト : オーム社、機械振動の解析と計算 D.E.Newland著、清水信行訳 *
      pdf fileにて配布
各サブコース単体でも受講可能です。

Kコース
サブコース. タイトル
(使用する本のページ)

コマ

費用
(円)

内容 (キーワード)

PapPalで
支払う

K1. 基本的な概念
  (1~16)

6,600

1自由度振動系の基本的な概念 ;
 1自由度に対する一般解、定常調和応答、周波数応答関数の部分分数展開、負の振動数、根軌跡線図、インパルス応答、繰り返し固有値となる特別な場合、例題と演習

 

K2. 線形振動系の周波数応答-1
  (17~37)

6,600

周波数応答関数の基礎理論 ;
 周波数応答関数の一般形、振動絶縁の例、対数および極表示、一般的な部分分数展開、複素固有値の場合の展開、無減衰応答の数値例題

 

K3. 線形振動系の周波数応答-2
  (37~55)

6,600

周波数応答関数の応用 ;
 数値例題; 無減衰応答のモード形状、減衰応答、減衰応答の対数と極座標、繰り返し固有値がある場合の部分分数展開、複合系の周波数応答、例題

 

K4. 振動応答の性質-1
  (57~77)

6,600

振動応答の用語と基礎理論 ;
 周波数応答関数に関する用語、対数応答線図、リセプタンス、モビリティ図、減衰の指標、対数減衰率、バンド幅、エネルギー逸散、モードエネルギー

 

K5.  振動応答の性質-2
  減衰を含む振動と発展理論   
  (77~98)

6,600

減衰系の振動応答と発展理論 ;

比例エネルギー損失、粘弾性要素の損失角、ヒステリシス減衰を有する強制調和振動、数値例題、共振振動の成長する時間、共振点通過加速度

 

* 各自、オーム社、機械振動の解析と計算 D.E.Newland著、清水信行訳 の本を購入して受講して下さい。

 

 

 

カテゴリー