web講習会Dコース

  1. Dコース; 柔軟マルチボディダイナミクスのための基礎連続体力学 (初・中級)
    柔軟体のマルチボディダイナミクスのための連続体力学の基礎を学ぶ。
    テキスト : pdf fileにて配布 (Bonet & Wood の本に基づく)
    各サブコース単体でも受講可能です。

Dコース
サブコース. タイトル 
(本の章・節との対応)

コマ

費用

(円)

内容 (キーワード)

PapPalで

支払う

D1. 連続体力学の準備-1
(3.1節~3.9節)

6,600

運動とひずみ ;
運動、物質記述と空間記述、変形勾配テンソル、ひずみ、極分解、体積変化、変形勾配のゆがみ成分、面積の変化

 

D2. 連続体力学の準備-2
(3.10節~3.15節)

9,900

線形化運動学と時間変化率 ;
線形化された変形勾配、速度と物質時間変化率、変形の時間変化率、スピンテンソル、 体積の時間変化、剛体回転と客観性

 

D3. 連続体力学の準備-3
(4章)

6,600

応力と釣り合い ;
コーシー応力、釣合い、仮想仕事の原理、仕事の共役性、代替応力テンソル、応力の時間変化率、客観応力の時間変化率

 

D4. 連続体力学の準備-4

(4章後半)

9,900

ひずみと応力の例題と演習 ;
一軸運動、一様変形、グリーンとアルマンジひずみ、極分解、体積成分とゆがみ成分、物質時間変化率、自重下のブロック、第2 Piola-Kirchhoff応力テンソルの客観性

 

 

 

 

 

カテゴリー