構造振動機構解析のための数値積分法「ニューマーク法とその系統解法」

(株)モーションラボ 藤川 猛 (芦屋大学名誉教授)

                     1.構造・振動解析 
                     2.数値積分 
                     3.ニューマーク法 
                     4.高次モードの抑制 
                     5.数値減衰付解法
 

 詳細は下記タイトルをクリックしてください。 

構造振動機構解析のための数値積分法「ニューマーク法とその系統解法」
(株)モーションラボ 藤川 猛 (芦屋大学名誉教授) 

 

 

関連記事

  1. 1989年 動的問題のシミュレーション‐時間積分法について‐

  2. 2011年 マルチボディダイナミクスの研究と産業応用

  3. 2009年 マルチボディダイナミクス‐機構機械の運動・振動解析技術‐

  4. 2010年 MBDの歴史・現状・展望

  5. 2010年 Recent Research on MBD in Jap…

  6. マルチボディダイナミクスとは?