機械・構造物の振動 その工学的対策と解析手法

タイトル:機械・構造物の振動 その工学的対策と解析手法
著 者:ラプラス研究会編
            伊藤哲次、北川良和、座古勝、清水信行、鈴木浩平、曽我部潔、千葉利晃、渡辺嘉二郎
出版社:株式会社養賢堂
出版年:1989年
頁 数:1-237.
概 要:建築、土木、機器・配管、機器・制御系などの振動問題を取り上げ、振動による
            被害と対策を説明している。振動発生源としては地震、機器が発生する振動、
            流体や熱による振動を対象として、これらの振動による被害を調べている。
            振動対策の方法として、振動実験、振動解析が有効である。実際の適用例
            からこれらについて説明している。最後に、振動解析に関する多くの例を対象
            物ごとに説明している。

 

関連記事

  1. 化学プラントの耐震設計

  2. パソコンによるランダム信号処理

  3. マルチボディダイナミクス(1)-基礎理論-

  4. パソコンによる振動解析

  5. 振動のダンピング技術

  6. 材料力学