「有限要素アプローチの柔軟マルチボディダイナミクス」講習会が終了

CIMG0804.JPG  5月24日から26日に東京で行われた「有限要素アプローチの柔軟マルチボディダイナミクス」の講習会が無事終了しました。マルチボディダイナミクスの技術も実際の機械類を考えるとメカニズムの動きの問題に加え振動問題を扱う必要性が高くなってきています。このような柔軟体に対して製品の高度化(最適設計、振動低減など)を行っていかなければなりません。
  今回は有限要素法をベースにした柔軟マルチボディダイナミクスの理論の基礎と応用を学びました。難しい理論でしたが受講生は積極的に質問をして自分のものにする努力をしていました。

ページの先頭へ