「実用非線形時刻歴応答解析法」講習会が終了 2015.10.2

P1050029.JPGのサムネール画像のサムネール画像P1050035.JPGのサムネール画像のサムネール画像

   産業界に現れる種々の機械・構造の振動問題のシミュレーションを実施するための数値積分法を
紹介した「実用非線形時刻歴応答解析法」の講習会が9月29日に無事終了しました。
   具体的な問題、これを具体的に数値的に解いていくためのルンゲ・クッタ法とニューマーク法の理
論、アルゴリズムおよびプログラムソフトを紹介しました。
   参加者は第一線で活躍する若手技術者達です。             (清水 信行)

 

 

 

ページの先頭へ