CAE技術者教育

 

次のような教育を受けたいと思っていませんか。弊社はお客様の要望に対応した教育プログラムを提供して、貴社での社内研修をいたします。


・弾性力学を学びたい。
・機械に発生する振動を理解する力を身につけたい。
・簡単な振動方程式を立てられるようになりたい。
・簡単な振動方程式を計算する計算ソフトを自分で作れるようになりたい。
・計測した振動実験データを処理してその振動が理解できるようになりたい。
・機械の運動を扱うマルチボディダイナミクスの基礎を学びたい。
・簡単な機構のマルチボディダイナミクスの方程式を立てられるようになりたい。
・二輪車の運動方程式を立てられるようになりたい。
・機械の運動を扱うマルチボディダイナミクスの応用を学びたい。
・マルチボディダイナミクス技術で複雑な機械の振動問題を解析する方法を学びたい。
・振動を低減する具体的な方法を学びたい。
・粘弾性体を用いた振動低減法を学びたい。
・運動・振動方程式の応答解析をするための数値積分法を勉強したい。
・非線形運動・振動方程式を解くための計算プログラムを作れるようになりたい。
・構造物の地震応答解析をする方法を理解したい。
・回転機械の運動と振動の解析をする方法を理解したい。
・有限要素法が理解できるようになりたい。
・その他

CAEの技術者を目指しているかた、技術の向上を図りたい方に教育のサービスをご提供いたします。

(1)講習会を通して技術者教育をいたします。

(2)オンサイトセミナーを通して技術者教育をいたします。

(3)個別の要望テーマに関して講習をいたします。

(4)グループを対象に特定の要望テーマを講習いたします。

 

のサービスをご提供いたします。

(1)講習会を通して技術者教育をいたします。

(2)オンサイトセミナーを通して技術者教育をいたします。

(3)個別の要望テーマに関して講習をいたします。

(4)グループを対象に特定の要望テーマを講習いたします。

 

(1) 講習会

2018年度のCAE技術者育成のための講習会です。

FEM2018-1  粘弾性製品の特性を記述する固体力学とFEM解析 - FEM解析ソフトと減衰性能評価法 - 
 2018年9月13日(木)~9月14日(金)


検討中の講習会

FMBD1   柔軟マルチボディダイナミクス解析
VISC1   新しい粘弾性非線形固体力学理論とその汎用非線形FEMソフトへの実装法
VIBK1   構造系とマルチボディ系のモデル化法と定式化法および数値積分解析法
VIBK2    制振装置による地震応答低減対策法と性能予測のための非線形応答解析法

※ここに掲載の講習会をすべて開催はいたしません。
※このページをご覧の皆様で開催を希望される講習会がございましたら弊社までお知らせ下さい。開催希望者が6人以上になりましたら開催を決定いたします。

過去に開催した講習会はこちら

講習会/オンサイトセミナー等に関するお問合せはこちらまで。

 

 

(2) オンサイトセミナー(CAEソフトウェア活用セミナー)

お客様のご希望の内容を、お客様の指定された場所で行うセミナーです。

 

これまでの実績として以下のようなものがあります。

・ 汎用解析ソフトの実際問題への有効活用

・ メディア搬送のための動力学

・ ケーブル、ひもなどの柔らかい物体の動力学

・ 加振機などの振動発生装置の動力学

・ 汎用マルチボディダイナミクス(MBD)解析ソフトの数値積分法

・ 振動・構造の動的な問題を解析するときに解が脱線する理由と対策

 

講習会/オンサイトセミナー等に関するお問合せはこちらまで。

 

<< ホームに戻る

ページの先頭へ