ACMDを終えて

 

8月23日~26日に京都大学でアジアマルチボディダイナミクス会議(Asian Conference on Multibody

Dynamics; ACMD)が開催されました。この会議は2002年にいわき明星大学で第1回が開催されて今回で

5回目となるものです。私が国際運営委員会の議長を務め、これまでこの活動をずっとリードしてきましたので、

特に思い入れのある国際会議です。フィンランドで5月に第1回の世界ジョイントマルチボディダイナミクス会議

が開催され参加者の減少が危ぶまれましたが、論文投稿数123編、大会参加者210人、参加国17と心配を

払拭する大成功でした。今年の8月はずっと暑く、猛暑でした。会期中も心配されましたが、返ってこの暑さが

講演室に参加者を引きとめる役割をしたと見えて、どの部屋も毎日いっぱいでした。 ACMD Tourはさすがに、

汗だくの観光でしたが、良い想い出となり、すべてが無事に終わりました。ここで最後に大会運営委員会のメ

ンバーおよび関係各位に感謝します。                             (清水信行)

ページの先頭へ