異常気象と環境悪化

 地球は,ずいぶんと長い間,とてつもなく大きいと考えられてきた.宇宙開発が進み,

宇宙ステーションからの映像が流され始めると,地球は大きさを持つ青く,愛らしく,弱々

しい球体である事を映像で認識できるようになった.人々の活動と比べて,地球はそん

なに大きいとは考えられなくなってきた.人間は,我が物顔に地球上を移動し,地球に

手を加え,そして環境を痛めつけている.地球は今にも壊れそうだ.この地球がとても

可哀想だ. 最近の異常気象は何であろうか.中国・北九州地方のゲリラ的どしゃぶり

で死者が多数出た.いたるところ川は氾濫し,裏山は土砂崩れ,南の島のスコールを

見ているようだ.群馬で発生した竜巻で死者が出た.家屋や車が破壊された.アメリカ

トルネードの恐ろしさを見ているようだ.ただ事ではない. ペルー沖で発生している

エルニーニョがフィリピィン近海の海温を低下させ,日本の太平洋側の高気圧を弱くして

いるのが原因であるとのことである.梅雨前線が,いつもなら強い高気圧で日本海の方

に押しやられているのに,今年は日本の上空に長く停滞している.地球規模の環境の

変化がもたらした気象の変化が,このような災害をもたらした.いま,世界中で同じような

事が起こっている. 地球は小さく,壊れやすい,という事をもう一度,我々は考えて

ゆかなければならない.                      (2009.8.1 清水 信行)

ページの先頭へ