新年のご挨拶

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

景気後退が著しい年ですが、この重苦しい閉塞感の中でも、いつか近いうちに景気が回復することを願って、そのときのためにできるだけ、研究開発に挑戦していきたいと思っています。

 

 今年は次のことに力を入れます。

(1)      社内体質の強化(組織と人)

(2)      研究開発の促進

(3)      積極的な営業活動

 

 運動・振動・制御の技術を中心とした機械の開発に関しては、新しい技術としてソフトマアテリアルの減衰設計法の確立を考えています。また、新しい機械部品の動的挙動把握にMBD(マルチボディダイナミックス)技術が適用できるか否かを、これからも推し進めたいと思っています。MBDの教育、研修の業務においては、今年は大変厳しいことが予想されますが、将来に向けて積極的な教材作りをしてきたいと思っています。

 

 従業員を新たに採用し、これらのことを手堅くやっていくことが今年の課題です。

 皆様に愛され、お役に立つ企業に育っていく決意です。

(代表取締役清水信行 2009.1.28)

 

ページの先頭へ