08-001 マルチボディ解析のための数値積分法の基礎と応用 2008.9.3~9.4

 

 第3回MBD講習会が、東京都品川区五反田ゆぽうとで2008年9月3日,4日に行われました.

 今回のMBD講習会は、いわき明星大学教授清水信行先生,芦屋大学教授藤川猛先生、上智大学曽我部潔先生が講師を務めました。

 講義内容は、時刻歴応答解析を行う際に使用する種々の数値積分法に対して、それらの理論式の説明、特性評価方法、取り扱い方の注意、多体動力学系向き数値積分法の紹介と説明、時刻歴応答解析に用いた際の結果の比較などを、MATLABを用いて講義するといったものでした。

P1030769.jpg

 

 

 

 

 

  動力学解析ソフトで4節リンクの時刻歴応答解析を行い、一般化α法を用いた場合とDASSL法を用いた場合の解析結果を比較しました。  いわき明星大学 清水信行先生 

 

 

 

 

 

 

 

P1030783.jpg  

 

 

 

 

    各種の数値積分法の原理と分類、特徴、基本性能などの概念について 芦屋大学 藤川猛先生

  

 

 

 

 

 

 

 

 

P1030803.jpg

 

 

 

 

  数値積分法の統制評価法、代表的数値積分法の性能線図、時刻歴解析を行う際の種々の積分法に対する設定指南。上智大学 曽我部潔先生

 

 

 

 

 

 

 

 

 時刻歴応答解析の導入を機に受講された方も、日常的に応答解析を行っていて、疑問に思った部分があって受講された方もおられたようです。

 

ページの先頭へ